王道ダイエットレベル5 カロリー制限ダイエット-ダイエットとモチベーション研究所

王道ダイエットは食事制限と運動を組み合わせた健康的でモチベーションも維持しやすいおすすめダイエット。

ダイエットとモチベーション研究所

王道ダイエットレベル5 カロリー制限ダイエット


前のコラム王道ダイエットとは?を読む




自炊する場合は料理をしながらカロリー計算が必要になりますが、
痩せるためならその位へっちゃらという方にお奨めなダイエットです。
外食派はカロリー表示があるものを購入すれば手間はかかりません。



このダイエットはまず一日の制限カロリーを決めて、
その枠内におさまるように食事内容を調整するダイエットです。
以下のポイントを参考に実践してみましょう。



ポイント1:一日の摂取カロリー目安の算出方法



@まずは、一ヶ月で体重の5%以上を減らしてしまうと停滞期に
陥りやすかったり、リバウンドしやすくなるという理論を
考慮して、一ヶ月の目標減量数値を算出しましょう。
例:体重50kgなら一ヶ月に最大でも2.5kgまで



A毎日の消費カロリーあるいは摂取カロリーの平均を把握する。


消費カロリーサイト等で調べてみましょう。
すみませんが、当サイトでは計算システムを導入しておりません。



B毎日どの程度カロリーを減らせば目標達成できるのか計算する。


あくまでも卓上の理論ではありますが、目安として
1kg痩せるためには約7000calの消費が必要なので、
例えば一ヶ月に2.5kg痩せたい場合は今より



7000(cal)×2.5(kg)÷30(日)=583(cal)
毎日減らしていく必要があります。



目標を達成するためには、理論上現状より約583カロリー
摂取カロリーを減らす必要があることが分かりましたので、
Aの数値からこれを減算すれば一日の摂取カロリーが決まります。
例:Aの数値が2000calの場合は1417cal。



*もちろん583cal全部を食事だけで減らすのではなく、
半分は運動で消費する方が健康的でリバウンドし辛いです。



*また上記の計算で摂取カロリーが1200cal以下になってしまった
場合も最低限1200calは摂取し、運動で補足しましょう。


*関連コラム王道ダイエット運動編



ポイント2:食事は栄養バランスを考える。



極端な低カロリーダイエットをしていない場合でも、
あまり偏った食事をしていると身体(脳)はまず栄養不足と判断します。



しかしどの栄養素が必要かまでは脳はわからないため、とにかく
片っ端から食べて不足分を補充するしかないと脳が判断します。



そして、足りている栄養素を含んだ食品でさえ無駄に食指が動くよう
脳は飢餓感を強めて食べさせようとするのです。
つまり痩せづらくなるのです。



ジャンクフードやお菓子はカロリー制限内であっても少量にし、
バランスの良い健康的な食事を心がけましょう。



時間の制約で自炊が難しい場合は、低カロリーで栄養バランス
も良いダイエット食品 を活用するのも外食より良いかもしれません。


*もちろん毎食は厳禁です。それこそ偏食になってしまいます。



ポイント3:カロリー計算時の意外な伏兵ー調味料



外食派は関係ありませんが、自炊をして自分でカロリー
計算をする場合、意外と抜けてしまうのが調味料のカロリーです。



もちろんあまり神経質にすべての材料をきっちり計量する
必要はありませんが、中には油脂や糖分を含み高カロリー
な調味料もありますので、気をつけましょう。



Amazon レビュー&売れ筋ランキング

ダイエット食品  ⇒ダイエットレシピ  ⇒カロリー辞典




次のコラム「レベル6 王道ダイエット 運動編」へ



ダイエットとモチベーション研究所トップページへ





dietyaruki.info