モチベーションを維持しやすい仲間とみんなで楽しくダイエット―ダイエットとモチベーション研究所

ダイエットは減量して終わりじゃない!モチベーションを維持してリバウンド知らず&体重キープ★

ダイエットとモチベーション研究所

やる気がUPする!仲間とできるダイエット



ダイエットに限らず、モチベーションを上げたいときの
有効な手段の一つに「仲間やサポーターを作る」
という方法が挙げられます。



あなたのダイエットを応援し、励ましてくれたり、
運動やダイエット食?を一緒にしてくれたりする味方がいれば、
モチベーションも高まりますし、何より途中で投げだし辛いです!



例えばイマイチあなたのモチベーションが上がらない日があっても、
みんなが「今日も頑張ろう!」と言ってやる気満々だったら?



あなたはそれに対して「今日はちょっと調子が・・・。」などと
一人だけ異を唱えるのは難しいですよね?



平和主義で”協調性”が美徳とされている日本人には
ぴったりのダイエットです。



ただし、仲間のやる気がなくなった場合、一緒に引きずられて
ダイエットをやめてしまう場合があります。



極力飽きっぽい人は誘わないように気をつけましょう。



早速以下に”仲間別?”にダイエットを分けてみました。
見つかりそうな仲間と楽しくダイエットしてみて下さい。



A.家族とダイエット


B.友達とダイエット


C.これから同士を募ってダイエット


D.最強のサポーター”プロ”とダイエット




*尚、ビデオ通話やテレビ電話などを使えば
遠くにいる友人や同士達と声をかけあいながら
エクササイズを楽しめます。




A.同居家族や恋人とダイエット



一緒に運動してくれる家族がいればまずは近所をウォーキング、
またはスポーツクラブに一緒に通うのもおすすめです。



参考: ダイエットレシピ本売れ筋ランキング  カロリー辞典人気ランキング


*料理は練習すれば不器用な人でも誰でもできます。




B.友達とダイエット



学生さんなら容易に見つけることができる”近所、地元のお友達”
一人くらい一緒にダイエットしてくれる仲間も見つかるでしょう?



極力”時間に余裕があり&飽きっぽくない”友人に声をかけ、
手軽にウォーキングをしたり、一緒に部活やクラブに
入部するのも良いでしょう。



女性におすすめ?:ゲーム性のある万歩計売れ筋ランキング




C.これから同士を募ってダイエット



一人暮らしの社会人になると、学生時代のように容易に
仲間が見つからないかもしれません。



それでも仲間や誰かのサポートが欲しい場合は、
以下の方法を試してください



@地域のダイエット、ウォーキング、ランニング系のサークルに入る



お住まいの地域によっては難しいかもしれませんが、
ネットで検索してみましょう。



A「ビリーズブートキャンプ」に入隊する



一時期大流行でしたので、試した事のある方も多いと思いますが、
ビリーは既存の単なるエクササイズ系のDVDとは一味違います。



このプログラムは、エクササイズしながら
「ビリーが隊員である私達を励ましてくれる
そして、DVDの中でですが。。。「隊員みんなでやる
ことで、運動によるダイエット効果だけでなく、
やる気アップ効果も抜群の超優秀ダイエットなのです。



    実際にはテレビ画面の外ではあなた
    ひとりでエクササイズを
    行うわけですが、画面の中でビリー
    隊員がひとりも脱落せずに
    (DVDなので当たり前ですが。。。)
    頑張っている姿を見ると、
    自分も最後までやり遂げよう!って
    気になります!


    ただし、エクササイズは
    向き不向きもあると思います。
    まずは購入者のレヴューを
    ご参考下さい。




Bネット上の「ダイエットサークル」に入る。



この類のサークルは、直接会って一緒にダイエットをする
上記@のサークルとは異なります。



ネットを通じてお互いを励まし合ったり、ダイエット情報を入手
できるので独りでダイエットする人には心強い味方です。
おすすめ:「ほめやせチャンネル」⇒http://www.cohblos.com/ 




D.最強のサポーター”プロ”とダイエット



もし、本格的(10kg以上)のダイエットを行いたい場合や、
プロの管理とアドバイスが欲しい場合は、
ダイエットトレーナーやエステが良いでしょう。



きちんと食事の管理をしてくれることはもちろん、
あなたが挫折しないように見張ってくれますし、
お願いすれば怠けてしまったときに叱ってくれたりもします。



高いお金を払うだけあって成功確率は格段に増します。







ダイエットとモチベーション研究所トップページへ






dietyaruki.info