理想のスタイルに近づける!無意識に痩せる!イメージングダイエット

イメージングで痩せる!だけど辛い努力をしたという実感がないから長続きするダイエット

ダイエットとモチベーション研究所

努力した実感がないうちに痩せる
イメージングダイエットA実践編



*このコラムは前コラムからの続きです。



それではさっそく実践編です。まずは下準備から始めます。



*この下準備が今までのイメージダイエットとの大きな違いです。
特に@は手を抜かないで下さい。






@まず、以下AとBの内容を紙に書くか、
ボイスレコーダーに録音しておいて下さい。



A.あなたの理想のプロポーションの条件を細かく描写



鮮明に理想のスタイルをイメージするためには、
ただ痩せているではなく詳細をイメージする必要があります。



私のサンプルを見て頂ければ分かりますが、ポイントは
欲張って理想のスタイルの条件をすべて書きだすことです。



B.理想のスタイルになりつつある(あるいはもうなった)
あなたが選択する日常のダイエット行動



*サンプルはコチラから



前コラムにて説明した通り、イメージングダイエットは
間接的に痩せる方法です。



従って、あなたが痩せるための直接的なダイエット行動の内容も
イメージング中に潜在意識にインプットしておく必要があります。



インプットしておくことで、潜在意識が働き、
自然にダイエット行動を取れるようになれるでしょう。



*ただし、正しいダイエット方法を知らない方は、
こちらのコラムを先にお読み頂くことをおすすめします。


インプットするのが誤ったダイエット方法の場合、
健康的かつ綺麗に痩せられない可能性があるからです。






A理想のスタイルの人の写真や画像を用意



写真がなくても想像できる方はこの項目は省いてかまいません。



必要がある方のみ理想の人の写真や画像をご用意下さい。
顔は自分の顔を当てはめて身体だけ写真を参考にします。



あなたが痩せたときの顔をイメージする方が、
リアリティがあり、効果的だからです。



もし可能なら痩せたあなたの顔をCGで作成してみましょう。


あるいは痩せていた頃の写真でも構いません。






Bリラックスできる環境を整える



イメージングに集中できるように、またリラックス
できるように準備をしましょう。



例えば。。。


・できれば掃除をし、部屋の室温を快適にしておく。


・周りの雑音ができるだけ届かない場所に移動したり、
 ヘッドフォンでヒーリングミュージックをかける。


・トイレや用事を済ませておき、携帯は近くに置かない。


・洋服はリラックスできるものを選ぶ。


・あまりに空腹でも集中できないので、必要なら小腹対策をしておく。






《イメージング実践方法》



準備が整ったら次はいよいよ実践です。



まずゆったりくつろいだ体勢、(椅子に座るか、仰向けに寝る)
になります。リラックスしゆっくり深呼吸をします。



そして@とAで準備した小道具を使いながら理想の自分の姿と
その姿の自分が行うダイエット行動をリアルにイメージしましょう。



理想のスタイルは他人のイメージでも構いませんが、
顔は必ず痩せた自分の顔を想像 するのが重要です。



慣れるまでは難しいですが、リラックス状態にありながらも
イメージング中に他のことを考えないよう、
集中力を保つのが成功のポイントです。



以上の点に注意して、毎朝あるいは毎晩寝る前に
イメージングを行い、毎日の習慣にしましょう。







【理想スタイル&習慣のダイエット行動(サンプル)】



* 以下は管理人が実際に使用している内容です。
ご参考頂き、ご自分用にアレンジしてお使い下さい。




(サンプルSTART)



まず、スリムでも適度に筋肉がついて、
柔軟性もあるしなやかなボディが私の理想なの。



もちろん全身手入れが行きとどいて、素肌もなめらかで美しいわ。



そして今はその理想に自分の身体が限りなく近づいているわ。



パーツごとに確認していくと、



顔は・・・



頬のラインや顎のラインがすっきりして、目鼻立ちがくっきりし、
私はより可愛くなれたわ。



マッサージもしているから、子供の肌みたいにすべすべで
潤いたっぷり。乾燥やシミ、シワとも無縁ね。
(ついでなので美肌のイメージングもしちゃいます)



二の腕は・・・



しなやかでたるみのない腕。指まで細くなって指輪やネイルが
とても似合う手になったの。



バストは・・・



全身はほっそりしているけど、バストは豊かなままでツンと上向き。



ウエストは・・・



セクシーにくびれて、腹筋もしっかりしているから、
食事をしてもお腹はいつもぺったんこ。



背中は・・・



無駄な贅肉も吹き出物もない、なめらかな背中なの。姿勢もいいわ。



ヒップは・・・



きゅっと締まった小尻でアップしているから脚も長く見えるの。



太ももは・・・



マイクロミニからは太ももという言葉が似つかわしくないくらい
スラッとした脚が伸びていて皆の羨望を集めるの。
もちろんセルライトも見当たらないわ。



ふくらはぎは・・・



すっきりと細い女性らしいふくらはぎだけど、
ほどよく筋肉もついて、血流も良いいから、
夕方になっても太くむくんだりしない理想の美脚ね。



私の新しい身体は温かく、体温も高いから冷え症とは無縁。
もちろん基礎代謝も非常に高くて、血行も良くむくみにくい
理想の身体だから、当然痩せやすい身体なの。



ちょっと食べたくらいじゃ前みたいに太らないわ。



それに運動に適した身体でもあるから、ワークアウトして
ボディメイクするのが楽しいし肉体の成長を実感できるのが快感。



身体がやわらかくなったおかげで、以前はできなかったダンスの
振り付けができるようになったり、マラソンのタイムも上がって
よりスポーツにやりがいを感じれるようになったわ。



それから、私は痩せやすい身体に肉体改造できたから、
最近はあまり気にしなかったけど、そう言えば
偏食したりあまり高カロリーのものを好んで食べなくなったわ。



ヘルシーな物を好み、ゆっくりよく噛んで食べるようになったし、
お店や広告で食べものを見ても、家族に料理を作ってても、
食べものの誘惑に勝てるようになってきたの。



間食はときどきするけどその時は次の食事の量を減らしたり、
食べ過ぎた次の日は食事や運動で調整するようになったかも。



そういうダイエット行動が習慣になってきて、私の中では
当たり前の行動だから無意識にできるの。



もちろんこの健康的なライフスタイルは、お肌にも健康にもイイし、
これからも続けていきたいけど、わざわざ頑張らなくても
無意識に続いていくから精神的にも全然辛くないの。



これもきっと、イメージングが習慣化して、ダイエットに成功した
今でもイメージングを行っているおかげね。   (END)






基本のイメージングは以上ですが、基本に慣れてきたら
他の手法もありますので是非試してみて下さい。↓


関連コラム:イメージングダイエットB想像体験編






参考文献: 「人の10倍仕事をやり抜くメンタルトレーニング」
内海英博(著)



参考文献:「マーフィー100の成功法則」
ジョゼフ・マーフィー(著)



参考文献:「イメージングダイエット」ジョイ石井(著)








モチベーションUP系コラム⇒モチベーションUP方法色々



ダイエットモチベーションが上がる⇒名言集







ダイエットとモチベーション研究所トップページへ







dietyaruki.info