血糖値・インシュリンとダイエットの関係‐ダイエットとモチベーション研究所

インシュリンは血糖値を安定させるのに必要だけど、ダイエットの邪魔になる?

ダイエットとモチベーション研究所

☆血糖値とダイエットの関係☆



ダイエットに関係あるって何となくは聞いたことあるけど・・・



”血糖値”や”インシュリン”って


どうダイエットに関係あるの?



こんな疑問を持っているダイエッターも多いと思います。



そこで当コラムでは血糖値とダイエットの関係について
簡単にわかりやすく説明していきます。



1.血糖値・インシュリンとは?



まず血糖値とは血液中のブドウ糖の量のことですが、
血糖値は食事をすると上昇します。



そして血糖値が上昇したままだと動脈硬化や色々な弊害が起こるため
インシュリンが分泌され血糖値を正常な値に下げて戻してくれます。



従って、インシュリンはなくてはならないものです。
しかし過剰に分泌されるとダイエットの妨げになるのです↓




2.ダイエットの邪魔?インシュリン



インシュリンは、血糖値が上がると血中の糖を筋肉や肝臓に運び
グリコーゲンとして蓄えますが、筋肉や肝臓にも
糖を蓄えられる限界量は決まっています。



血糖値が急上昇し、インシュリンが過剰分泌され、
糖をどんどん筋肉や肝臓に運んでいってしまうと
その限界を超えてしまいます。



そして許容量を超えてしまい筋肉や肝臓に蓄えられずに
余ってしまった糖は脂肪細胞へ運ばれ
脂肪として蓄えられてしまうのです



さらに、インシュリンは運動で体脂肪を燃やそうと頑張る
ダイエッターさんの邪魔もしてしまうんです。



一般的には、運動をしてからしばらく経つと、体脂肪が
運動のエネルギーとして使われるので体脂肪を減らせます。



しかしインシュリンが大量分泌されると、血中の糖ばかりが運動時に
使われるので、体脂肪がなかなか燃焼されないのです。



以上のように、インシュリンには


あまった糖を脂肪細胞に溜めこみ、


体脂肪の消費をさまたげる作用があるので、




痩せるには、インシュリンの過剰分泌を抑制する、つまりは

血糖値の急上昇を防ぐことが重要なのです。




3.血糖値の急上昇を抑える食事の工夫



血糖値は食事をすると上昇しますが、以下の3点に気をつけて
食事をすれば、血糖値は急上昇せず、ゆるやかに上昇するので
インシュリンの過剰分泌を抑えることができます。



1、血糖値のあがりにくい食品(低GI値)を食べる。
海藻や野菜、精製されていない玄米やライ麦、雑穀パンなど・・・
いわゆる低インシュリンダイエットです。



2、食べる順番をかえる。海藻、野菜から食べる



3、血糖値を下げる効果のある食品
酢、乳製品、海藻、食物繊維が多い食品と一緒に食べる。



詳細はコチラ⇒血糖値コントロール系ダイエット色々







参考資料:一番わかりやすい低インシュリンダイエットの本
永田孝行(著)







人気コラムモチベーションUP方法色々  ダイエット名言集





ダイエットとモチベーション研究所トップページへ







dietyaruki.info