アメリカで流行ったちょっと変わったダイエット‐トゥインキーダイエットA

ちょっと変わったトゥインキー(別名ケーキダイエット)読み物としてお楽しみ下さい。

ダイエットとモチベーション研究所

栄養学教授ケーキダイエットで-12kg



*このコラムはケーキダイエット@からの続きです。



2010年にカンザス州立大学栄養学の
M.Haub教授(41)は、実験のため10週間に及ぶ
トゥインキー(ケーキダイエット)挑戦し、
見事12kgの減量に成功しました。



「減量する場合は、栄養バランスより、
カロリー計算(制限)の方が重要である。」



という理論を前提として、Haub教授は
あえて栄養学的にアンバランスな
ケーキダイエット実験を開始しました。



ダイエット前の彼のBMI指数は、
肥満と判断される28.8でしたので、
標準数値の24.9を目標に
ダイエットを続けたそうです。



《教授の行ったケーキダイエットのオリジナル
トゥインキーダイエットとは?》



*まず、トゥインキーとは、
アメリカのホステス社が開発した生菓子です。
棒状のスポンジケーキの中にクリームを
詰めた小さなケーキで、一個あたり150cal。



かつてアメリカで流行したオリジナルの
トゥインキーダイエットとは、
こればかりを食べるダイエットでした。



《Haub教授のダイエット方法とルール》



@1日の摂取カロリーは1800cal以内。
食事は3時間毎に取る。



ちなみに教授の1日の必要摂取カロリーは
およそ2600calです。



よって、 1800calは彼にとってはかなり
少ないエネルギー量ということになります。



カロリー制限優勢理論の証明のため、
摂取カロリーが消費カロリーより
確実に低くなるようにしたようです。



A1800calの内、2/3(1200cal)分は
ケーキ等のジャンクフードを食べ、
残り600cal分はプロテイン、ビタミン剤、
野菜類から摂取するようにしました。



飽きがこないよう、ジャンクフードは、
ケーキの他、ドリトスなどのスナック菓子、
甘いシリアルやオレオも食べたそうです。



また、教授は子供の反面教師にならない
ように、家族の前では菓子類は避け、
野菜を食べるようにしていたそうです。



ただし、サプリや野菜を少々食べたところで
所詮付け焼刃であり、多数の栄養素が
不足していることに変わりはありません。



これで痩せれたとしても不健康極まりない
ダイエットであることは間違いなさそうです。



しかし、ここからがこの実験の
最も興味深いポイントです!



ケーキダイエットにより12kgの減量に
成功したという驚きの事実を上回る
更なるサプライズがあったのです↓


次ページ:驚愕の健診結果‐ケーキダイエットB



前ページ:ケーキダイエット@から読む






*当該コラムは、 CNN(米国ニュース専門放送局)
米国のダイエットサイト「diets in review」の記事を
参考資料として部分翻訳し活用しております。






人気コラムモチベーションUP方法色々  ダイエット名言集


ダイエットとモチベーション研究所トップページへ





dietyaruki.info