PMSの症状を和らげる食べ物A☆ダイエットとモチベーション研究所

食生活を見直してPMSのイライラを緩和&ダイエットのモチベーション維持

ダイエットとモチベーション研究所

☆PMSの症状を和らげる食べ物A☆



*このコラムは前コラムからの続きです。



1.低脂肪ヨーグルト
(特にビタミンDが添加された製品)



カルシウムはイライラ緩和に役立ち、
そして、カルシウムの吸収には
ビタミンDが必要不可欠
です。



また、マサチューセツ大学で1日最低ビタミンD100IUs
摂取した被験者はPMS症状が軽いという
調査結果がでています。
(対症患者186人、18歳から30歳女性)



それゆえ、この二つが同時に摂取できる
ビタミンDが添加されたヨーグルトが
おすすめです。



2.サーモン(天然が望ましい)



上述のビタミンDを多く含み、また
イライラを防ぐ効果があるとされる
ビタミンB6を含む食材です。



3.ブロッコリー



カルシウム、ビタミンA,C、B6、E
マグネシウム、ポタジウムを多く含む食材です。



ビタミンAはホルモンバランスを整えます。



更にブロッコリーは食物繊維も豊富でこれは
エストロゲン量やお腹(消化器官)の
調整をしてくれます。



サーモンと一緒に蒸したり、
茹でて食べましょう。



4.南瓜の種



生理前後のむくみに効果的なマグネシウムや、
イライラに効くマンガンが摂取できます。



そのほか鉄分、繊維、亜鉛、
オメガ3脂肪酸を含む優秀食材です。



5.卵



卵は栄養の宝庫。
ビタミンD、B6、Eなどを含みます。



ビタミンEはPMSをひきおこす物質(ブレインケミカルズ)
をコントロール
すると考えられています。



6.ピーナッツまたはピーナツバター



ビタミンB6とマグネシウムを多く含みます。



ただし、脂肪分も多いので食べすぎに注意は必要。


無糖または甘さ控えめな ピーナツバター は、
練りゴマの代わりに料理にも使えるのでおすすめです。



7.バナナ



ビタミンB6やむくみ防止に役立つ
カリウムが豊富です。
オレンジなんかでもいいですね。



8.カモミールティー



PMSに悩む方なら一度は試したことがあると思いますが、
リラックス効果が実証されている カモミールティー
あなたの強い味方になります。



あなたがリラックスできる他のハーブティーでも
かまいませんが、できればカフェインレスの製品を
選びましょう



もちろん上記は一例ですので、他の食品に代替可能です。
ご自分の好みに合った食品や食べ方を探してみて下さい。



その他のPMS&生理対策方法




参考記事
http://www.everydayhealth.com/womens-health-pictures/foods-that-help-fight-pms.aspx#/slide-1






【当サイト 人気コラム】


ダイエットのモチベーションUP方法色々


ダイエット名言集




ダイエットとモチベーション研究所トップページへ





dietyaruki.info