耳つぼダイエット効果の秘密 痩せる3つの理由

耳ツボ医院に通い、ダイエット方法や体験内容を記載しています。

 

耳つぼダイエットとは?

「耳つぼダイエットとは食欲を抑制するツボを刺激し自然に食欲減退することによって無理なく痩せる」

というダイエット方法です。

ツボの位置さえ分かれば自分でもできますし、耳ツボ医院や耳ツボエステに通って施術してもらうこともできます。

 

 

耳つぼダイエットの方法

耳ツボ医院に通った場合の方法です。

①食事、生活習慣指導(これはエステのダイエット方法とほぼ同じです。)

まずはアドバイザーとのカウンセリングで普段の食事内容や生活習慣、今まで行ったダイエット方法について詳しく聞かれ、改善方法、減食方法を提案されました。

一日1800カロリー摂取していた食事を1400カロリーにし、毎日の食事内容を記録していました。

私の場合はもともと運動の習慣があったので、運動メニューは特に増やしていません。

 

②耳のツボに金粒を薄いテープで貼ります。

金粒はネイルアートの装飾でよくありそうな形状の金色の粒です。

ずっと貼りっぱなしだとかゆいですし、不衛生なので週に1から2回は、消毒してはりかえてもらいます。

通院する際には、貼りかえてもらうことはもちろん、体重測定、アドバイザーとのカウンセリングを行い経過のチェックやダイエット方法の見直しをします。

私が通っていた医院での耳ツボダイエット方法は食事改善(減食)と 耳ツボ刺激による食欲抑制の2段階方式でした。

ちなみにお腹が空いたと思ったときは、自分で金粒の上から耳つぼを刺激し、食欲を抑えます。

 

耳ツボダイエットの費用

*施術する医院、個人の目標体重、通院回数によっても異なります。

①耳ツボダイエット基本費用 5万円(税別)

②金粒費用 800円(税別)×8回 6,400円(税別)

*②は通院のたびにかかります。私の場合一ヶ月で目標達成したので8回しか通院していません。

総合計 56.400円

*エステと同じく上記以外にも営業がありましたが、すべて断りました。

 

耳ツボダイエットの結果

耳ツボダイエット前私のスペックは

身長:155.5cm 体重:45.5kg

 

そして、耳ツボダイエット後は

体重42.5kgになり、1ヶ月で-3kgのダイエットに成功しました。

ちなみに当初の目標は、2ヶ月で-3kgでしたが、思った以上に”色々な相乗効果”があり、結果が早く出たようです。

実はこのダイエット方法の成功の鍵である食事制限が難なくできた理由は耳ツボ本来の効果だけではありません。

 

耳つぼダイエット効果の秘密 痩せる3つの理由

耳ツボダイエット成功の秘密 その1

やはり、通院することで、ひとりで行うダイエットと違いモチベーションを維持し易いです。

これは耳ツボ医院に限ったことではありませんが、誰かにダイエットをサポートしてもらうことで、モチベーションが上がりますし、サボりづらくなるものです。

また、アドバイザーがダイエットの進行具合や生活習慣を定期的にチェックし、改善のアドバイスをくれます。

基本のダイエット方法を知らない場合は、丁寧に基礎知識を教えてくれますので、知らない方には大変有益でしょう。

 

耳ツボダイエット成功の秘密 その2

コスト(お金と時間)がかかっているので、無意識のうちに結果を出そうと自分で努力する。

お金に余裕がある人ならあまり気にならないかもしれませんが、当時、学生でしたので自由なお金はさほどありませんでした。

かかった費用がたとえ6万円(詳細は前コラム)でも、当時の私にとっては貴重でしたし、お金と同様に通院していた”時間”も無駄にはしたくなかったのです。

そういった心理作用もあって、自分でも無意識のうちに食事制限はストイックになっていた気がします。

摂取カロリーは指導された通りでも、内容が低炭水化物中心であったり、血糖値を上げすぎない工夫はしていました。

ここまでの食事制限指導と心理効果はエステと同じです。

 

耳ツボダイエット効果の秘密 その3

私がおこなった耳ツボ医院のダイエット方法では確かにツボを刺激することで食欲抑制できました。

もちろんその理由は食欲抑制のツボの位置を正確に刺激することで本当に食欲抑制効果があったからですが・・・

その一方で食欲抑制効果の実感がないと言う方も実は多数いるのです。

つまり、このダイエット方法の食欲抑制効果にはかなり個人差があるであるということです。

となると、その違い、個人差とは一体何か気になりますよね?

まず体質的に、満腹中枢や神経系が刺激に敏感で効きやすいという場合もあるかもしれませんが、私自身が食欲旺盛で繊細なタイプではありませんのでこの可能性は却下します。

自慢になりませんが、4人前くらいはその気になれば胃におさめられますし、本当に満腹感を感じるのは、1.5人前以上を平らげてからです。

ではなぜそんな私にも食欲抑制効果の効きめがあったのでしょうか?

ここからは私の自己分析と想像によるものですが、私のように信じやすいタイプの人の場合は「絶対に効く」と思いこむことで必然的に効きやすくなるのです。

脳で思ったことや想像したことが本当に身体に影響を及ぼすという現象は珍しい症例ではありません。

例えば、梅干やレモンを想像しただけで、本当に口の中が酸っぱくなる気がして唾液の分泌が多くなった経験・・一度くらいありますよね?

また、ただの水を薬だと信じることで、本当に薬の効果が被験者に表れることがある「プラシーボ効果の実験」が良い例です。

 

耳ツボ医院では、専門のアドバイザーが耳ツボダイエットの「食欲抑制効果をうたい、お金を払って施術してもらう」のですから、当然、私と同じように食欲抑制効果を信じてしまう、あるいは信じたくなるのが人の心理と言うものです。

 

前コラム のとおり、耳ツボダイエットは、万人に共通して食欲抑制効果が表れるダイエット方法ではないことは明らかですし、体質的に個人差が出るという問題でもなさそうです。

従って、ツボ本来の食欲抑制効果もゼロではないと思いますが、プラシーボ効果に類似した要素も強いのではないかと推測します。

例えばですが、ツボの効果自体を検証する実験で、食欲抑制のツボを刺激しつつ「これは肩こりに効くツボです」と鍼灸師が言った場合、食欲が減退する人より肩が軽くなる人の方が多くなったりするのではないでしょうか?

耳ツボダイエットは、「自己暗示」さえできれば、本来のツボ効果も相まって無理なく食欲抑制できる大変優秀なダイエット方法ではないでしょうか?

 

余談ですが、元モーニング娘の道重さゆみさんもTV番組内で「私はカワイイ」と連呼しています。

本人曰く自己暗示のように、頻繁に「かわいい」と唱えて、自分に言い聞かせ、完全に思い込ませることによって自信を持てるのだそうです。

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目は * 印がついています