ファーストフードダイエット

海外で流行ったダイエットを紹介しています。
今回は、ファーストフードダイエットです。

 

ファーストダイエットとは?

ファーストダイエットとは、ステファン・シナトラ氏により提唱されたちょっと変わったダイエットです。

「食生活のうち80%は健康的な食事ができていれば、残りの20%は羽目を外して良い。」

というのが、彼のファーストフードダイエット哲学です。

ファーストフード好きや、頻繁に食べている人にとっては、ファーストフードを完全に断念するのは難しいことです。

そこで彼は、断腸の思いをしてそれを断つより、ファーストフードでもヘルシーな選択をすることで、痩せるダイエット方法を考案したのです。

シナトラ氏は、ダイエットに失敗する一番の理由として”食べ物を制限しすぎること”を挙げています。

 

当ダイエットは外食が多い人や、ファーストフードがやめられない人のライフスタイルにフィットしたダイエット方法です。

 

痩せるために、大きな変化は必要ありません。

既に根付いてる習慣をちょっとだけ変える、つまり、いつも行くお店での注文を少し変えるだけで良いのです。

ただし、ファーストフードだけでは果物、緑黄色野菜が不足しがちです。

 

コンビニでも良いので、朝食だけはこれらが多いメニューをおすすめします。

セブンイレブンなら、1食分の調理惣菜(ごまあえ、品目数の多いサラダ、煮物)もバリエーションが多く重宝します。

また、生の果物も最近はコンビニで調達できます。

 

 

 

ファーストフードダイエットのメリット

・好きな物を食べられる、やめる必要がないのでストレスがたまらない。

・自分で食品のカロリーを算出する必要がない。

大手チェーン店ならインターネットはもちろん、尋ねれば店頭ですぐにカロリーを教えてくれます。

*新商品は店頭で聞くと良いです。
店によっては、カロリー表を印刷してくれたりします。

・ファーストフードのようなジャンクフードでも、いつもよりカロリーを落とせば、(正確に言うと消費カロリーより、摂取カロリーが少なければ)痩せます。

 

ファーストフードダイエットのデメリット

・店内で常に高カロリーフードの誘惑にさらされる。

サラダとサンドイッチを注文するつもりで店に入っても、目の前でフライを揚げているのが見えたり、匂いがすると、つい誘惑に負けてしまうかもしれません。

・果物、緑黄色野菜不足。

ファーストフードでもサラダやサンドイッチに野菜は入っていますが、そのほとんどが淡色野菜です。
また、果物も不足しがちです。

朝食で補うか、ファーストフードではありませんが、コンビニやファミレス等で、これらが多いメニューを注文しましょう。

 

ファーストフードダイエットのメニュー例

*朝食は、コンビニやファミレス等で果物、緑黄色野菜中止のメニューにしましょう。

 

(マクドナルド)

・サラダ
・ミルクかウーロン茶、ダイエットコーラ
・好きなバーガー(牛肉は一枚でチーズや野菜が入っているバーガー推奨)

その他、サブウェイやドトールコーヒー、モスバーガーも野菜サンドやバーガーがあるのでおすすめです。

 

(すき家)

・牛丼ミニ
・味噌汁
・漬物か惣菜、サラダ等

*ミニの牛丼が置いてあるすき家推奨。

少し価格は高めですが、デニーズは、バランスの良いヘルシーメニューが多いので、たまには利用してみると良いでしょう。

 

参考文献、記事:http://www.everydayhealth.com/diet-nutrition/fast-food-diet.aspx

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目は * 印がついています