ダイエット中の食事でも満足感、満腹感を得る方法ーダイエットの一工夫

感性満腹感を利用すればダイエット中の少ない食事でも満足感・満腹感が得られる★

ダイエットとモチベーション研究所

☆少量の食事でも満腹感を得る方法
  レベル3 目で料理を楽しむ



料理は舌以外にも、鼻や目で味わうことができます。



色鮮やかで美しく洗練された料理というのは
視覚的にも満足できるものです。



これは視覚、嗅覚が美味しそうな料理に刺激を受け、
感性的な満腹感を得られるからです。



家族がいて自炊をされる方は、既に実践済みかもしれませんが、
ダイエットのためだと思って料理の彩り盛り付けの形食器
にも気を配ってみましょう。


ちなみに無地(白)の食器は比較的どんな料理にも使えて便利です。
(青色)の食器食欲を抑制する効果があります。


*詳細はコラム食欲抑制方法



また、コンビニやスーパー派の方も、ちょっとした工夫で
お惣菜コンビニパンをグレードアップさせ、
感性満腹感を得ることができます。



明日からは出来合いのお惣菜や袋のパンも
買ってきたパッケージのまま食べてはいけません。



料理に応じて包丁で切り分け、お皿に盛り付けて、
温める、野菜や果物で彩りを添えるだけでも
”匂い”と”目で味わう美味しさ”が全然違います。





Befor                After



毎日は難しいかもしれませんが、週末にでも
フッと思い出したときにトライしてみて下さい。




そして 料理の種類は多い方が、食べる量を減らせます。
バラエティに富んだ料理の方がより視覚、嗅覚を刺激して
感性満腹感が得られるのです。



毎食おかずを6種類も7種類も作るのは一般家庭では難しいですが、
作り置き&冷凍保存しておけば、簡単に品数を増やせます。



例えば和食ならひじき、きんぴら、佃煮、鶏胸肉そぼろなど
洋食ならピクルスやラタテゥイユ等が
作り置きしやすい常備菜としておすすめです。



常備菜以外でもすぐ用意できる生野菜や果物数種類、
ゆで卵、ハム、カッテージチーズ、カップスープや冷凍食品が
すぐに用意できるので時間のないときのプラスαに使えます。



尚、ゆで卵、あるいは温泉卵や半熟卵は炊飯器の余熱を利用して
電気代も無駄なくエコに作れます。更に油不使用でダイエット向き。



作り方等詳細はコチラ⇒炊飯器の余熱で卵料理



関連コラム【少量の食事でも満腹感を得る方法】



*ダイエット時の空腹の辛さを少しでも軽減するために、
感性満腹感、心理的満腹感等を利用して、少量の食事でも満腹感を
得られる方法を考えてみました。
難易度別の食事の満足度、満腹感を満たす方法是非お試し下さい。



はじめに 4種類の満腹感?


レベル1 皿とダイエットの関係


レベル2 食事環境も一工夫


レベル5 目で料理を楽しむ


レベル10 コースでセレブにダイエット


番外編 食欲抑制方法




ダイエットとモチベーション研究所トップページへ






dietyaruki.info