ダイエットのモチベーションがアップする10の方法

ダイエットは痩せれば終わりではありません。
ダイエットの成功とは、目標体重達成後も
正しい生活習慣と体型を半永久的にキープし続けることです。

モチベーションを維持し、本当の意味でダイエットに成功する為に
モチベーションがアップする方法を10個にまとめました。

 

とにかく行動して自発的にやる気を出す。

「行動すると脳がやる気物質を分泌する」つまり
「自ら行動を起こすことでやる気は出る」のです。
これがモチベーションをUPさせる最も能率的で効果的な方法だと
私は確信しています。

脳にやる気がでるホルモンを分泌させるつもりで
あなたの決めたルールに基づいてダイエットを実践しましょう。

詳細は「行動するとやる気が出る理由」

 

初心にかえりダイエットしたい理由を再度思い起こす。

目標をたてた当初は誰でもやる気に満ちていて、
痩せたい理由も成功のビジョンも明確だったりしますが、
人間の想いは時とともに薄れていくものです。

そこで、以前目標を書いた紙や手帳を見ながら初心にかえり、
もう一度あなたの目標に対する強い想いや情熱
を思い起こして、自らを奮い立たせましょう。

関連コラムダイエットしたい理由、目標を明確にするを読む

また、過去にやる気がでた方法を思い出すのも有効です。

 

逆に、ダイエットしたくない理由を紙に書き出してみることで

感情の整理と現状の把握ができてスッキリします。

 

空腹時以外に食べたくなる原因や理由、
本当に痩せたいはずなのに、ダイエット行動を起こせない理由、
今のあなたの感情を紙やPCに全て書いてぶつけましょう。

頭でモヤモヤ考えているよりも紙に書き出すことがポイントです。

 

ポジティブな状態に自分から持っていく。

落ち込んだ状態ではやる気はでないため、
精神をポジティブな状態にもっていきましょう。

仕事や育児、家事や人間関係。
そして常に順調とは限らないダイエット。
悩みやストレスで精神が疲弊してはいませんか?

暗く落ち込んだ状態では行動をするのもおっくうになり
モチベーションを高めるのは難しいでしょう。

ここはちょっと小休止をはさんでみるのも手です。
過食は厳禁ですが、あえて3日くらいダイエットを休んだり、
食べる以外の好きなことでストレス発散に努めましょう。

おすすめコラムストレス解消法色々

売れ筋ランキング⇒ ストレス解消グッズ

 

食べ物以外のご褒美(洋服、映画、本などなど)を決めておく。

ダイエットは時として辛く苦しいもの。楽しいことばかりでは
ありません。だからこそ自分へのちょっとしたご褒美は
ダイエットを継続する上での重要なインセンティブになります。

最終目標の前にミニゴールをいくつも設定しておきましょう。
そしてミニゴールを達成する度に、自己の努力を労い
お祝いをしてあげましょう。

些少でも成果がでたら自分を励まし、成功体験を重ねましょう。
そうすると自信もついてきます。

ご褒美が服やアクセサリーの場合は途中のモチベーションUPの為
先に購入し部屋に飾っておいても良いかもしれません。

 

理想体型の人の写真や、やる気が上がりそうな言葉を毎日ながめる。

ダイエット当初からこれを実践している方もたくさんいると思いますが、
やる気がダウンしてきたら、更にモチベーションが上がりそうな
言葉、自分へのメッセージを紙に書き、追加で壁に貼りましょう。

毎日見る待受け画面が有効ですが、
貼るのが恥ずかしければ手帳でも良いですし、
書く作業はモチベーションUPにつながりますので、
モチベーションUP関連の言葉を何かに書くだけでも構いません。

おすすめコラムダイエットのモチベーションが上がる名言集

 

仲間、サポーターを作る (ネット、友達 家族)

ライフスタイルの大改革は独りではなかなか大変ですよね?
独りで負けそうな時には誰かに頼るのが一番です。

身近な友達を誘うのが恥ずかしければ、ネットやジムでも
ダイエットグループで同じ目標を持った仲間がたくさんいるはずです。
家族に話してサポートしてもらうのも良いでしょう。

詳細やる気がUPする!仲間とできるダイエット

 

鏡を見ながら、「私は痩せる」とマインドコントロールする

マインドコントロールと言うと少々おおげさですが、
鏡を見ながら「私は絶対痩せる」あるいは現在太っていても
「私は痩せている」と毎日唱えて本気で思い込むようにして下さい。

毎日これを続けることで潜在意識に働きかけ
ダイエット行動を取るように無意識下で自分を誘導します。

特に、寝る前、起きた時に行うと効果があります。
声に出すことがポイントです。

外で行う場合は、小声でも大丈夫です。

 

お洒落(手軽にできるベーシックケア等)をする

例えば・・・
☆ネイルアート
☆ヘアメイクアレンジ
☆ホームエステ(フェイシャル等)
HITACHI 保湿サポート器 ハダクリエ ホットアンドクール
*私も↑昨年から使ってます。超乾燥肌から1日で解放されました。
☆ゆっくり半身浴、垢すり ⇒風呂用スマホ防水ケース
☆ヘアケア(ヘッドスパ、ヘアトリートメント)
☆ボディートリートメント、マッサージ
☆脱毛処理
☆歯のホワイトニング*市販の商品より歯医者がおすすめ!

etc…自分ができる女磨きやセルフケアをしてみましょう。

サイズがなくてカワイイ服が着れない、持っていないという人、
又は忙しくて時間がない人だって、フッとモチベーションが
下がったときに一つ位なら実践できますよね?

世の大半の女性はお洒落が好きなはずですから、
少しでも自分が美しくなれるとテンションが上がり、
「せっかく綺麗になったんだから食事も控えめにしよう」
「もう一度ダイエットを頑張ろう」という気分になるでしょう。

*手や爪は常に視界に入るので、いつでも綺麗が実感できる
ネイルアート(透明でもベースのネイルケアだけでもOK)は
特におすすめですよ。

TV番組「所さんの目がテン!」の実験でもネイルをすると
男性でさえモチベーションが上がる事実を証明していました。

 

みんなで褒める。

家族や友人にダイエットを頑張っている自分を
褒めてもらう。お返しに自分も相手を褒める。

今度は上記⑫とは真逆に”頑張る自分を褒めて”もらい
気分良くモチベーションを上げる方法です。

もちろん褒めてくれるよう頼むだけではなく、
自分も相手の良いところを常日頃から目を配り
褒めるように心掛けましょう。

褒める方、褒められる方にもメリットがある、
お薦めモチベーションUP方法です。
ダイエット以外の場面でも是非有効活用して下さい。

余談ですが、苦手なクラスメイト、嫌な上司も

”上手に”褒め続ければ、気付いたときには
仲良しになっていたりするものですよ。

 

自分1人でも、自分に対して褒めることも効果があります。

ほめ日記という本が参考になります。

 

逆に、痩せていないことを指摘してもらう方がモチベーションが上がる人もいます。

その場合は、家族や友人に会うたびに太っていることを指摘してもらいましょう。

「太ったね~」の一言に毎回ダメージを受けますが、モチベーションが上がるのであれば良いのです。

 

写真や鏡で全身をチェックする。

鏡は洋服屋にあるような細長いタイプの鏡はできればやめましょう。
視覚効果で通常より細身に見えてしまい、
「まだ大丈夫」・・・なんて勘違いしたりします(笑)

写真は毎回同じ角度で撮影しましょう。
鏡でも写真でも「薄着」のほうが現実を直視できるのでお薦めです。

太って着れなくなった服、痩せたら着たい服を、定期的に試着してみましょう。

月に2回から4回は試着をおすすめします。
着られるようになったときの喜びは大きいです。

エステに通うことも効果があります。

エステシャンは痩身マッサージをするだけではなく、
ダイエットの相談に乗り、食事も厳しく管理&指導してくれます。

 

まとめ

  1. とにかく行動して自発的にやる気を出す。
  2. 初心にかえりダイエットしたい理由を再度思い起こす。
  3. ポジティブな状態に自分から持っていく。
  4. 食べ物以外のご褒美を決めておく。
  5. 理想体型の人の写真や、やる気UPしそうな言葉を毎日ながめる。
  6. 仲間、サポーターを作る。
  7. 鏡を見ながら、「私は痩せる」とマインドコントロールする
  8. お洒落をする。
  9. みんなで褒める。
  10. 写真や鏡で全身をチェックする。

どれか1つでも、やってみようと思えたものがありましたら、
すぐに実行してみましょう。

実行することで、どんどん良い方向へ向かっていきます。
成功した人は、少しの努力を継続できた人です。
あきらめずに、モチベーション、やる気をアップさせて継続していきましょう。

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目は * 印がついています