ダイエットに相応しい環境を作る。ダイエットモチベーションアップの一工夫

ダイエットのモチベーションを上げるには、それに適した環境も必要です。

 

いくら太った人でも、修行の大変厳しいお寺や、肥満治療の病院に入院すれば、逃げ出さない限り確実に痩せれます。

しかし、命の危険があるレベルの肥満でなければ、自分の大事な時間や大金を消費してまで病院に入院するのは現実的ではないですよね?

あくまでこれはもしものときの最終手段ですが、ここまでしなくても今よりダイエットに適した環境、モチベーションが上がりやすい環境は少しづつ作れます。

 

まずはあなたの周りを見回してみてください。

 

①冷蔵庫、食料棚の中にすぐ食べれるジャンクフードやお菓子が詰め込まれていませんか?
またバッグの中や会社の机、ロッカーがお菓子で溢れていませんか?

②友人や家族はメタボや大食漢ばかり集まっていませんか?

両方「NO」の方は恐らくダイエット環境は整っているでしょう。
もしそれでもモチベーションがイマイチと感じているなら
他のコラムをご参考下さい。

参考コラム:ダイエットのモチベーションがアップする10の方法

 

上記で「YES」の項目があった方は少しづつ環境を変えていきましょう。

 

①はもし一人暮らしなら、片付けるのに誰の許可も要りません。
さっさと整理しましょう。

 

仕事もありますし、完璧な自炊は難しいかもしれませんが、
せめてジャンクフードの買い置きはやめ、
間食は低カロリー食品や果物などにしましょう。

 

もし、家族がいる場合はその家庭にもよりますが、家族の協力をあおいだり、ダイエットを提案してジャンクフードやお菓子をなくしましょう。

 

どうしても家族の同意が得られない場合は、冷蔵庫や食料棚に自分が理想とする人の写真やポスターを貼りましょう。

 

または、自分が絶対になりたくない姿、例えばメタボな人の写真でも効果はあります。

どちらも間食、無駄食いの抑止力になってくれるでしょう。

 

そして、バッグや会社の机のお菓子は家庭環境に関係なくすぐに処分できますよね?

残業用に少量残し、後は同僚にでも配ってすっきりしましょう。

 

次は②ですが、家族も友人も太っていたとしたら、まずは彼ら彼女らにダイエットをすすめてみませんか?

 

ダイエット仲間がいた方がモチベーションは上がります♪

参考コラムモチベーションがUPする!仲間とできるダイエット

 

一緒にダイエットが難しければあなたを応援してくれるダイエットサポータでも構いません。是非協力してもらいましょう。

 

そして、もしあなたの周りの人が皆ダイエットとは無縁の体型だったら?

それなら好都合です。そのスリムな人達を目標にしましょう!

 

”痩せている人”達のライフスタイルをマネしても良いでしょう。

稀にいる運動嫌いで暴飲暴食なのにスリムな人の生活習慣は当然参考になりませんのでご注意下さい。

 

どうでしょう?環境を変えられそうですか?

 

家庭環境によっては環境改善が難しい場合もあるでしょう。

その場合は割り切って別のモチベーションUP方法を試しましょう。

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目は * 印がついています