快感ホルモンが分泌しダイエットせずとも自然に食欲が減退していく究極の食欲抑制方法

快感物質が大量分泌‐有名人に習う食欲抑制方法、無意識下のダイエット方法

ダイエットとモチベーション研究所

有名人に習う自然な食欲抑制方法
‐究極のダイエット方法



元トップモデル、ケイト・モスさんのダイエット名言?の一つに



”nothing tastes as good as skinny feels.”
(訳:どんなに美味しい食べものでも痩せているという快感にはかなわない。)



というフレーズがあります。



訳や内容については賛否両論あると思いますが、
ケイトさんがこの言葉通り自分のスリムな身体に満足
優越感快感を感じているとき彼女の脳内では、



本当に快感物質が分泌されているのです。



*脳が快感や嬉しい感情を感知すると神経伝達物質である
β‐エンドルフィンやドーパミン、通称”快感物質”あるいは
やる気もでるので”やる気ホルモン”が分泌されます。



例えばですが、もしケイトさんが一日のうちに何度も自分の
スリムボディーを眺めて惚れ惚れしていたり、
あるいはモデルの仕事で披露し賞賛を浴びていると、
快感物質が頻繁に分泌されるのです。



そして快感物質は食欲を抑制するセロトニンの消費を抑えてくれます。
つまり一般人よりは苦しまずに食欲抑制できる可能性があるのです。




快感物質は食べることでも分泌させられるのですが、
ダイエットを成功させるには、当然他の分泌方法が良いわけです。



そして中でも最も快感物質の分泌が多くダイエットを意識せずとも、
自然に食欲などの生理的欲求が抑えられる
究極のダイエット方法があるのです。



それは・・・


高い次元での自己実現欲求に目覚める事です。




「高次元での自己実現欲求?」・・・と言うと具体的に
どういうことかイマイチ分かりづらいですよね?



以下は書籍「ダイエット革命」からの抜粋ですが、



たとえばマザーテレサのように「貧しい人のなかでもいちばん貧しい
人たちのために一生を捧げる」という誓いをたてて、
ボランティア精神に目覚め、高いレベルの欲を追求した人は、
生理的欲求である食欲や性欲、物欲にはこだわらなくなるそうです。



また、悟りを開いた仙人や僧侶、ヨガ行者も同様に、


世俗の欲を放棄してひたすら高次の欲(自己実現欲求も欲の一つ)
を追求しだすと、「意識的に食欲を抑えたり、
我慢するまでもなく痩せていく
そうです。



なぜなら、高次元の欲望を追求するほど、快感物質が
大量に(ケイトの例より全然多く分泌)され、セロトニンの
消費を抑えて食欲をコントロールするからです。



つまりこのレベルに到達できさえすれば、
「一生リバウンド知らずのダイエット」が
無意識下で実現可能
であるということですが、



普通の人には悟りは開けないから、


究極の食欲抑制方法は私達には実現不可能


やっぱり自然にダイエットなんて最初から無理じゃない!



・・・と思ったらココからがポイントです↓




マザーテレサの域には達していないとは思いますが、
最初の例のケイトさんや女優、エリートビジネスマン、など
社会的地位の高い人、つまりは高いレベルでの欲求や人生目標
を持っているような人の中にも肥満はあまりいないそうです。



高尚な自己実現欲求や人生の大きな目標がある場合、
それに向かって精一杯努力する過程の中でも
快感ホルモンが食事のとき以上に分泌されるのではないでしょうか。



いきなり「世のため人のため」のような高い目標は持てませんが、


まずは、ダイエット以外の事で小さくてもいいから
将来やりたいことを見つけて頑張ってみる。



そして達成できたら次は少しづつ大きな目標をたて努力していけば、
そのうち高次の自己実現欲求に目覚めているかもしれません。



あるいはそこまで行けなかったとしても、



大きな人生目標や夢を実現するため
没頭、専心しているあいだは、
ダイエットを意識せずとも自然に
”食”を忘れられているはずです。






参考文献:春山茂雄のダイエット革命 春山茂雄(著)






余談ですが、心理学者マズロー博士の提唱する有名な
「欲求段階説」によると欲求には、



1.生理的欲求
2.安全の欲求
3.所属と愛の欲求
4.承認の欲求
5.自己実現欲求


の5つの段階があります。



そして人間の欲求レベルは1から順番に上がって行き、
1から4までの欲求を抑制するには5の欲求が必要だそうです。






人気コラムモチベーションUP方法色々  ダイエット名言集



ダイエットとモチベーション研究所トップページへ





dietyaruki.info