なぜ偏食は太るのか?

偏食が続くと、肌が荒れたり、虚弱体質になったり、美容と健康に支障をきたすことは周知の事実です。

しかし被害はそれだけではありません。

 

偏った食事は美容と健康に悪影響を及ぼすことはもちろん

さらに太りやすくなってしまうんです。

 

なぜなら・・・

 

偏食はなぜ太るのか

必要な栄養素が著しく欠乏すると、私たちの身体(脳)は、その栄養を摂取するために飢餓感を強めて食べさせようとします。

 

しかし脳はどの栄養素が不足しているのかまでは判断できない為、
どの食品に対しても食欲が湧くように指令を出すのです。
つまり必要な栄養以外も無駄に食べたくなる衝動に駆られます。

 

必要な栄養素が足りない時の体の仕組み

更に、栄養バランスが偏るとエネルギーへの変換がうまくいかなくなります。

 

例えば脂肪酸をエネルギーに変えるにはタンパク質から得られるアミノ酸が必要です。

しかし、両方をバランスよくとらないと体内にたまった脂肪を減らせないのです。

 

偏食を防ぐには

偏食を防ぐには自炊し自分で栄養管理するのが一番です。

とは言っても、事情で自炊ができない人もいますし、仕事で多忙な方は毎日完璧な食事を用意するのは難しいですよね?

 

忙しい時に簡単にバランスのとれた食事を取る

忙しいときは栄養バランスの良いダイエット食品を無理せず活用するのもスマートな選択です。

最近は安価で栄養価のあるダイエット補助食品も出ています。

 

カロリーが低い割には意外と腹持ちが良く、通常の食事では
摂取し辛い栄養素も入っているので、毎日外食するくらいなら週に2~3食はコレでも良いかもしれません。

週に2~3回ならお金もあまりかかりませんしね♪
参考:ダイエット食品

 

ダイエット食品の注意点

ただし、3食ダイエット補助食品は厳禁です!

製品にもよりますが、カロリーのもとになりやすい、炭水化物、タンパク質、脂質がこれだけでは不足してしまい、栄養バランスの良い食事ではなくなってしまします。!

 

ダイエット食品は食べるとしても一日一食くらいにして、
バランスよく食べ、無駄に食欲がわかないよう気をつけましょう。

 

なんでも”ほどほど”が一番です。

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目は * 印がついています