ハレルヤダイエット

あくまでも、娯楽のための読み物としてお楽しみ下さい。

 

ハレルヤダイエットとは

ハレルヤダイエットとは、旧約聖書(創世記の章)の記述をベースにした菜食主義に近いダイエットです。

ただしハレルヤダイエットは、普通の菜食主義とは異なり、調理法、食べ方も限定されています。

 

このダイエットでは、野菜や穀物も”生きたまま”つまり”生”のまま食べることで身体の毒素を抜き、健康になれるという考えに基づいて、食事ルールが細かく決められているのです。

 

ハレルヤダイエットの方法

まず、1日の食事のうち85%は”生きたまま”つまり調理しない以下のような”生”のまま、自然のままの食物を食べます。

 

・野菜ジュース

・乳製品の代替として、牛乳不使用のバナナミルクやアーモンドミルク

・ドライフルーツや有機栽培の果物(ただし1日の食事の15%まで)

・未調理のオーツやアマの種など穀物類(大麦パウダーが推奨されています。)

・生の豆や野菜

・ナッツ類(ただし高カロリーなので少量)

・エクストラバージンオイルやアマ油

・フレッシュハーブ

 

残りの15%は以下のような調理した食べ物です。

 

・ホールグレインのパンやシリアル、パスタ、玄米等

・調理した豆や野菜、野菜スープ

・ハーブティー

・ベジタリアン用のチーズやミルク

 

もちろん禁止されている食べ物はたくさんあります。

・塩、こしょう

・塩味あるいはローストしたナッツ類

・酒、コーヒー、紅茶、ココア、炭酸飲料

・肉、魚、乳製品などの動物製品

・果物や野菜の缶詰、硬化油、精製された穀物を含む加工食品

 

そして、以下は1日の食事例ですが、サプリとして、毎食大麦パウダーの摂取が推奨されているようです。

朝:大麦パウダー、間食に野菜ジュース
昼:大麦パウダー、生野菜、果物
夜:大麦パウダー、多めのサラダ、
ベイクドポテト、玄米

 

ハレルヤダイエットのデメリット

肉より野菜や果物を多く消費する適度な菜食ダイエットは、健康に良いと推奨されることもあります。

ハレルヤダイエットは一見健康的な食事法に見えるかもしれません。

しかし、ハレルヤダイエットのように制限の厳しい菜食主義を徹底して行うと、健康を損なう恐れがあるようです。

まず、このダイエットは必要な栄養素はもちろんカロリーが大幅に不足しています。

1日の食事例を見る限り、このダイエットで摂取できるカロリーは、1日約1000カロリー程度です。

これは生活強度が低い人や身体の小さな人でもエネルギー不足になるほど少ない量なのです。

低カロリーダイエットを行うと、筋力や代謝が落ちて痩せづらい体質になります。

長い目で見るとリバウンドしやすく逆効果な方法なのです。

そして、この食事内容ではカロリーの他、たんぱく質、ビタミンB12、ビタミンD、鉄分、亜鉛も不足しています。

亜鉛や鉄分の欠乏は、免疫力、抵抗力の低下につながり、病気にもかかりやすくなります。

マルチビタミンなどのサプリメントを摂取したり、専門の医師やアドバイザーの指示のもとダイエットを行うことが必要不可欠でしょう。

ハレルヤダイエットの結論

宗教上の理由で、旧約聖書を信仰する場合は仕方ないかもしれませんが、痩身目的でのハレルヤダイエットはおすすめできません。

確かに、この方法なら低カロリーですので、確実に痩せられるでしょう。

しかし、長期的に行えば必ず弊害は出ます。

ハレルヤダイエットを完璧に実行するのではなく、緩めの菜食主義にするか、他の健康的なダイエットを選びましょう。

 

 

参考文献、記事:http://www.everydayhealth.com/diet-nutrition/hallelujah-diet.aspx

 

*当コラムは、ハレルヤダイエットを推進するためのコラムではありません。

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目は * 印がついています