海外で流行った地中海式ダイエットとは?

海外で流行ったダイエット方法を紹介します。

今回は、地中海ダイエットです。

 

地中海式ダイエットの誕生の背景

日本でも話題になった地中海式ダイエットは、その名の通りギリシャやイタリア等、地中海地方の常食です。

 

現在では、心臓病の予防に効果のある食事法としても知られています。
しかし、もともとは心臓病や痩せるためのダイエット方法として意識的に確立された方法ではありません。

地中海式ダイエットは、この地方で生産高が高い食料を基本とした食生活が、何世紀もかけて自然に進化した食事法なのです。

 

地中海式ダイエットの食事内容

たくさんの野菜や果物、魚介類、豆類、ホールグレインとオリーブオイルが食べられます。

尚、肉の消費量は少なく、脂肪は身体に良いとされる、オメガ3脂肪酸が強く推奨されています。

 

オメガ3脂肪酸とは、①DHA、②EPA、③α‐リノレン酸の3つです。

①と②は、鮭やいわし、さんま、さば等の青魚に多く含まれ、③は亜麻仁油やごま油に多く含まれています。

 

また、地中海式ダイエットでは適量のワインも推奨されています。

 

地中海式ダイエットのメニュー例

地中海式ダイエットでは、肉や乳製品の消費量が制限されています。
制限されていますが、食べれる食品は他にたくさんありますので、バラエティに富んだ食事が楽しめます。

 

量を食べ過ぎては意味がありませんが、以下のメニュー例からも、地中海式ダイエットの食事は、意外と豪華であることが分かります。

 

(メニューサンプル)

・野菜or豆スープ(ミネストローネ等)
・全粒粉のパン
・魚介のグリルor蒸し料理
・温野菜orグリル野菜
・野菜サラダ(オリーブオイルと酢の
ドレッシングがけ)
・デザートのフルーツ

参考:河合勝幸のおいしくてきれいになる地中海スローフードレシピ

 

地中海式ダイエットのメリット

・長期的に継続できる。

ダイエット成功の重要なポイントの一つは、継続できるダイエットであるかどうかです。

上記のメニュー例を見れば、空腹感等ですぐに挫折してしまうダイエット方法でないことが分かります。

 

・健康的なダイエット。

このダイエットでは、野菜や果物をたくさん食べ、脂肪も身体に良い油を摂取することで心臓病や血管、脳、癌予防にも良い方法です。

 

地中海式ダイエットのデメリット

・ある程度の料理スキルが必要。

確かに上記のメニュー例は”豪華”ですし、料理が得意な方であれば、他にも色々な料理が楽しめることは間違いありません。

 

しかし、時間がない人や料理が不得手な方にとっては、難しいアプローチとなりそうです。

 

・ワイン、脂肪の取りすぎに注意。

いくら身体に良いと推奨される食品でも過剰摂取は時に身体の毒となります。

摂取量に注意しましょう。

ワインなら1日1~2杯が適量でしょう。

 

・痩せるためには自主的にある程度のカロリー制限が必要。

自分の目標に合ったおおまかな食事量あるいはカロリーを把握し、自己管理する必要があります。

 

参考文献、記事:http://www.everydayhealth.com/diet-nutrition/the-mediterranean-diet.aspx

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目は * 印がついています